平戸島・生月島満喫コース、そして日本本土の最西端へ!

今日は昨日とうって変わって晴天。

まだまだ風は強いけど、昨日よりは全然マシです。

さあ、まずはお決まりのお城めぐりから。

平戸城です。

画像


またもや久々の天主閣があるお城です。

周りが海に囲まれて、自然の堀にしてある形の山城です。



僕個人的には、

平城よりも、山城の方が好きなんですが、

造りこまれたカンジや、城を全部見ようとすると、平城のほうがいいんですけどね~

画像


遠くから見ると、圧倒的な存在感が山城にはあるように見えます。






そして、次に欠かせないもの、

画像


それは切支丹。



平戸は、早くから開港し、西洋医学や、蘭学など、外国の多くの知識を学んだところでもあります。

そして、カトリック教布教のために訪れたのが、



「フランシスコ・ザビエル」宣教師です。

画像


こちらは、フランシスコザビエル記念教会。

昭和6年(1931)に建設され、正式にはカトリック平戸教会。

聖堂が寺院に囲まれて、東洋と西洋の文化が混在している、独特な光景です。

昭和46年(1971)から聖フランシスコ・ザビエル記念聖堂とも呼ばれるようになりました。






さて、


走りも満喫しようと一番にいったのが、



川内峠です。



画像


峠に入る山道入り口は、少し狭い感じがして、あまり期待できそうにない道なんですが、

登るにつれて、道も景色も良好になり、

さながらスカイラインを走っているように草原の山をかけめぐります。





そして、


そのまま生月島へ。

画像


生月島の県道は、いたって普通の県道ですが、

こちらの(西側の)広域農道「サンセットライン」は、最高に気持ちいいです!!




横目で見る海の青さ、



農地の深い緑、



そして適度なアップダウンのあるワインディングロード・・・・・




どれをとっても最高に気持ちよく走れるでしょう。

正直、これだけのために生月島に来てもよいと思います。




画像


そして、

せっかくだからとった、最西端の港町。

本来は、島なので、本土に値しないのですが、

“平戸大橋”、“生月大橋”で、島が陸続きになったので、

どうやらココが本土最西端だといいたいらしい。


残念だが、やはり、「陸」でないとね。






本土に戻る途中、

巨大な天主堂を見つけたので入ってみる。



画像


紐差天主堂です。


大規模な天主堂で、旧浦上天主堂が原爆によって倒壊した後は、

日本最大の天主堂と言われました。

東洋でも指折りのロマネスク様式で、内部にはアーチと美しいステンドグラスがはめ込まれ、

鉄川与助の特徴である花柄の模様が豊かに飾られています。

柱が少なく外観よりも大きな規模を感じ、

キリスト教の空間に日本の仏教的な空間が混入し、

神秘的な雰囲気を見せています。









本土に戻り、

国道で南下して佐世保に行こうと思っていたのですが、

昨日、コンビニで休憩してたときに話しかけてくれた19歳のRVF乗りだという少年が教えてくれた、




「やまびこロードをよく走っています。」




との一言が、どうしても気になって、

とりあえず探して走ってみることに。






何のことはない、「北松広域農道」ではないか!!!





早速走ってみたが、これまた最高に走りやすい。

農道らしい砂浮きや、土などもなく、

これといってひび割れ的な道もなく。



ただ、途中一度切れるので、

県道使って再び入らなければならないのと、



走っている最中に、大人数のツーリング集団が多重クラッシュしていたのを見てしまったので、



写真も撮らず、テンションも抑え気味で走り終えたのが残念でならない。







いつもは、広域農道に入った途端に、



「ひゃっほー!!!!」



と、テンション高く必ず叫ぶのだが、


今回はそれがなかった・・・・・





あのバイク集団、大丈夫だったんだろうか・・・・










その後、いくつかテクニカルな峠を(小排気量向きだな)いくつか越えて、

たどり着いたのが、

画像



正真正銘の、日本本土最西端、「神崎鼻公園」です!

ココの海沿いに、なにを表しているかは知りませんが、最西端モニュメントがあります。


結構急勾配な所にあるので、足元要注意で。




何もこんなに正確に置かなくてもいいのに・・・・・

子供とか、よろけてたし。


これで、僕の人生の中で、

日本本土4最端 制覇!

北 北海道 宗谷岬

東 北海道 納沙布岬

南 鹿児島県 佐多岬

西 長崎県 神崎鼻


日本国有人島2最端 制覇!

南 沖縄県 波照間島

西 沖縄県 与那国島


ができました!





でも。


未到達

北 北海道 択捉島 カムイワッカ岬 (日本に戻ってきてほしいな。)

東 東京都 南鳥島 (気象庁、海上保安庁、海上自衛隊の職員・隊員が数十名滞在。一応、有人島。)

南 東京都 沖の鳥島 (無人島だし、ただの岩じゃない???)


この3つは無理かなぁ・・・・







そして、日も暮れ、お決まりのキャンプ場探し。


佐世保まで行き、半島の先っちょのキャンプ場にいくも休業中で鎖が。





今日もか。




仕方がないので、2日連続、公園でキャンプです。


はぁ・・・・・・・・・・・




↓ブログランキング参加中。↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

それいけ農道

本日の走行ルート
平戸→平戸城→聖フランシスコザビエル記念教会→川内峠→県道19号→生月大橋→生月島・県道42号→大バエ鼻灯台→広域農道(サンセットライン)→生月大橋→県道19号(志々伎方面)→飯良から堤まで舗装林道→国道383号→県道19号→橋でつながれた最西端宮ノ浦漁港→県道60号(紐差方面)→紐差天主堂→国道383号→平戸大橋→国道204号→北松広域農道1→県道144号→北松広域農道2→福井峠→県道11号→江里峠→県道40号(田平方面)→妙観寺峠→国道204号→県道18号→県道139号→明星峠→県道18号→日本本土最西端・神崎鼻公園→県道139号→県道11号→県道149号→白浜キャンプ場→花の森公園

"平戸島・生月島満喫コース、そして日本本土の最西端へ!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント